トランスファー 装備ばかりが 豪華なり

介護保険サービスで福祉用具貸与・購入

介護保険福祉用具貸与や購入により介護用品のバリエーションがかなり広がりました。

ケアマネが立案するケアプランで必要であれば一定の利用者負担でベッドや車椅子が借りることができるようになりました。

しかし、実際の場面を見てみると、その使い方を間違っている場面が多く見受けられます。

せっかく移動介助バーをベッド脇に取り付けていても高さや位置が全く実用的ではありません。

本人から「邪魔だから取ってほしい」なんて言われることも…
そこで実際に外してみると… その通り、無いほうがすんなりと移乗できたりするから困ってしまいます。

 

ロックンロール

 

 

 

 

 

介護歌留多

 

 

 

点滴の 針を抜かずに 服ぬがす

介護保険 医療費 介護費

介護テクニックのなかにもイレギュラーというか裏技的なものが沢山あります。

例えば点滴中に輸液が漏れたりした場合…少量だったらなんとかなりますが、衣類を着替えさせなければなりません。 そんな時、求められるのが点滴の針を抜かずに袖を脱がすテクニックです。

その他にも対象者をベッドに寝かせたまま一人でシーツ交換する技術やこれまた一人で立位を保持させたままのおむつ交換なんかも場面によっては要求されてしまいます。

これらは危険のリスクがあり、失敗すれば即事故扱となり、
「どうして一人でそんな無茶なことするんだ」
と現場知らずの管理者はその職員を叱ることでしょう。

しかし、リスクを負いながらも「行わなければならない」
という状況は必ずあると思います。ですから、その失敗場面だけを見て怒る管理者は失格です。

その状況が何を意味するのか・・事故や苦情の本質はどこにあるのか考えることが管理者に求められます。

「事故ゼロ」という無茶な目標だけを高らかに掲げて、自己満足する上司は全くいただけません。

そういう上司は事故が起きると必ず「事故ゼロが目標だろっ」と当事者を怒るだけで自分は全く関係なしの立場をとことん貫きます。
そして、リスクマネジメント研修会などで「講師」を務めてパネルディスカッションで流ちょうなお話をされるのです。

私は「事故報告やヒヤリハット報告が多い職員はなんか信用できる」と感じてしまいます(=゚ω゚)ノ

がんばろう介護職!

医療事故 介護問題

 

 

嫁 姑 嫌味

 

 

介護歌留多