「介護あるある」で終わらせない 車椅子の操作

初めに

片麻痺の為、車椅子を真っすぐに操作できない方がおられると思います。
そういった方に是非、試していただきたいのが私、広大寺が考案したこの道具です。

━─━─━─━─━─
【課題・ニーズ】
自分でできることを増やしたい。人の世話にならない生活がしたい。
【長期目標】
自分の意思で自由に移動できる。
【短期目標】
車椅子を使って施設内を自力で自由に移動できる。
━─━─━─━─━─

~第一号機のお話~

左片麻痺の方は右手と右足を使い車椅子を操作します。

でも、上手くできない方は右側に曲がってしまい壁にぶつかって動けなくなります。

真っ直ぐに進めないのです。

よく、施設の廊下で壁に引っかかって動けなくなっている方をみかけませんか?

 

そこで、十年以上昔になりますが、下のイラストのような「足で操作する車椅子の舵」を作成いたしました。

 

この舵の使用により、今まで車椅子自走が困難だった片麻痺の方々が続々と自操可能なりました。

施設内の移動くらいは十分可能ですので、是非、お試しくださいませ。

(操作は理学療法士の佐藤さんです)

 

と…言いたいところですが施設でこれを使うには大きな欠点がありました。

それは、利用者本人が決めた進行方向に舵が定まる為、介護する職員が自由に車椅子を動かすことが出来ないのです。

ですから利用者本人には大好評でも、舵が装着した車椅子を扱う介護職員には面倒がられ不評だったのです。

(せっかく、取り付けたのに休み明けで出勤すると外してあるみたいな感じで)

私はこれに対して

「他人を車椅子に乗せて介護職員の思いのままに移動させることこそ失礼じゃないか」

と言い訳みたいな反論をしましたが…

結局、普及しませんでした。

それ以来、舵の利用はありません。

 

~第二号機のお話~

でも、ずっと、この舵を使うことで自力移動が可能になる片麻痺車椅子の方は全国に沢山おられるだろうなあ…などと、ちょくちょく考えておりました。

みなさまの所にはいらっしゃいませんかね?

“片麻痺の為、片手、片足だけで車椅子を操作するけど、上手くできない方…”

「出来なかった方が、自力で出来たときのあの自信に満ちた利用者の顔」

私、最近、やはり、なんとかしたいという思いが強くなり、知り合いの理学療法士から、壊れた車椅子を譲り受け、日夜、自宅で改良してついに完成いたしました。

 

それでは動画をご覧ください。

このように健足側で操作します。

 

もし、足が使えないようであれば片手のみの操作も可能です。

片手のみの操作。

 

皆さんも是非、作成してご利用者にお勧めしてはいかがでしょうか?

作り方4コマです!

 

どうしても、出来ない方は施設にかかわりのある介護用品店に頼んだり、近所の工務店の方に頼んでみてください。

自力で移動できるとご利用者の表情は圧倒的に良くなりますよね!

 

 

※参考

1号機(簡易版)の作り方(こちらはもっと簡単です)

※是非、作成していただきたいと思います。
一番望ましいのは「ご利用者と一緒に作成する」(作成過程を見て頂く)

だと、私は思います( ;∀;)

 

 

お問い合わせ