散髪ボランティア

最初に勤務した施設(デイサービスとグループホームが併設)の時に、散髪ボランティアさん(とはいえ、カット料金1000円)が来てくれたのを思い出しました

さすがに女性利用者の角刈りはありませんでしたが、なぜか、揃いも揃ってベリーショートになって、男女が不明になる現象が起きたり、男性が微妙にベッカムヘアになっていたり…

あっ、でも、60代の女性(疾患の為に話せない)だけは、美容師さん?理容師さん?の配慮なのか、なぜか、ショートボブに仕上がっていて…

あと、途中から、更に1,000円追加で黒くカラーリングできるようになったら、これも女性利用者さんに人気で、全員が黒髪という現象がおきてしまいました

…、“揃ってベリーショートの男女不明”わかります!

そうでした…ひと昔は普通にそんな感じだったようですよ

さすがに最近はありませんが…

いつも拝見しております✨
髪型が短いだけで男性と勘違いをされる方はおられます(´д`)
角刈りはさすがにいませんね(笑)

女性の頭も刈り上げてしまう理容師さんに、それを指摘したところ、むしろ寝たきりだから、その方がいいだろう…と逆に言い返されたことがあります・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ばぁばが、介護士で働いてた特養には、移動美容室が、きてましたが、男性利用者様の頭、後が、見事に、虎刈り。

後ろの席の、おばあちゃんが、指差して、タイガースや言うて笑ってて、私達は、頭見てビックリしました。美容師さんには、ばぁばが、言いましたよ。そしてら、美容師さん、やり直しますよ。言いましたが、その利用者様、丸刈りです。それ以上どうするんですかって、代金は、1000円なんですけどね。

お金とるいじょうは、プロなんだから。と。そのあと後の人は、綺麗にしてくれてました。施設にいるんやからと、適当にされたと思い、腹立ちましたよ。ひどいでしょ。

それは大変でしたね。
ご利用者はなかなか言えないのでしょうね。

私は子供の頃、家にあった電動バリカンで鏡を見ながら自分で頭を刈りまして…

見事な虎刈りになってしまいました。
(ノ◇≦。)

ベリーショートに していた私。
ワゴンで送迎のドライバーをしていた時
運転席のすぐ後ろに座られた利用者様に
「ちょっと、兄ちゃん!」と
何度も話しかけられました
利用者様も、スタッフを確認していただくよう
よろしくお願い奉ります。

ヾ(@^(∞)^@)ノ

散髪ボランティアあるあるですね!

性別はまさかご本人様には聞けないですし…
私は介護スタッフさんに聞いちゃいますし、ホームさんと長い付き合いなのでスタッフさんからお伝えしてくださることもあります。

聞いた話で、ご本人様と会話が噛み合わないまま…というか噛み合ってないことに気付かず言われるまま坊主頭に仕上げたら、女性だった(汗)そうです。

通常のサロン営業にはない緊張感です!

匿名さんはカットされる方なのですね。

いつも、ありがとうございます。最近はあまり聞きませんが「坊主事例」ありましたよ。

昔は男女問わず、利用者は短髪という価値観が横行していたようですね。

これからもよろしくお願いいたします!

うちの病院には散髪の業者さんが月一で来てくれます。

女性のカット料金が男性より200円高くて、性別の間違いは発生しませんが 終わってみたらおばあさんの髪型がみんな似たような感じになっていて なんだかなぁ…って思ったことはあります。

本人というよりご家族の希望も伝えることもあります。ボランティアさん、ありがたいですね~

女性利用者をかりあげにしてしまった理容師さんに指摘したら、「寝たきりだから、手間がかからない方がいいでしょう」と言われてしまいました。 もう20年以上前の話です。

職員の配慮が必要なのですね!

性別…ほんとにお願いしたいですよね。
家の母(特養に居りまする)は、家族旅行前に、「頑張れ源さん!」カットにされていました(^_^;)
その後は、毎日通って髪の毛生えるように昆布を食べさせましたです。
懐かしいと同時に、他でも有るんだ~(゜ロ゜)!と、驚きました(>_<)

昔は…私が介護実習性だったころは、女性の皆さんは刈り上げカットでした(;’∀’)

( ;∀;)「頑張れ源さんカット」

きっちり決めればカッコいいかも…しれませんね
(*´▽`*)

昆布… すいません…爆笑(≧▽≦)してしまいました

道でもいますよね。おじいちゃんorおばあちゃん?な方。

時代はジェンダーだから、有りか?とも思いますが、歳をとると面倒なんですかね。私のばあちゃん、いつも刈り上げてた記憶が…

もう少しオシャレさせてあげれば良かったなぁ…

私はこの冬、雪道で動けなくなった車をけん引して助けました。

運転手の方、ずつと、男性だと思って

「おやじさん、ロープ、持って」

「おやじさん、合図でアクセル踏んで」

とかって、指示していたのですが…

私は途中で女性だと気が付いてしまいまして…(///∇//)

聞けば、80歳を過ぎたおばあさんでした
(〃∇〃)

強くお断りしたのですが、お礼に5000円いただきました(*´▽`*)

「ありがとう、お姉さん」

おばあちゃんからおじいちゃんに変身しちゃいましたか?
歳をとると性別がわからなくなりますよね。
仕事を始めたころは、本当にマジでどっちかわからない人がいました(笑)
あと、初めて30人ぐらいの利用者さんを前にしたとき、
性別どころか、み~んな同じ顔に見えました(笑)

小学校の先生におられまして、最初は子供たちも分からなかったようです。

新学期「新しい先生、男?女?どっち?」って親がきいても子供は

「わからない」
って言うから、親がふざけるなって怒ったそうです。

でも、実際、その先生、親が見ても分からなかったそうです(@_@)

あるある!
もう、皆さん、性別を超越されていますから~(笑)
でもって、理美容師さんは、大抵が散髪屋さんなもんで。
女性のなかには施設ではカットしたくないと仰る方も。

散髪する理容師さんのなかにも、お考えがあるようで…

「髪が長いと介護するにも邪魔だろうから」

「ベッド上で過ごすには短い方が良いだろうから」

という思いから短くしたということでした。

昔の施設と比べれば、その辺りの考えは改善されてきていると思います(^◇^)

性別どうこうというよりは、「ご本人の意向に沿えるよう」職員が理容師さんに関わる必要がありますね!

※皆様から頂いた貴重なコメントを掲載させていただきました。
どうもありがとうございます。