嚥下には きざみミキサー ちと古い

嚥下

「うちの施設の食事、食べやすいように“きざみ”の種類が五つもあって・・極きざみから大きざみまで…とても工夫してるのっ」

なんて自慢している管理栄養士が居たら嫌ですね。

現在は、ソフト食が出てきて、見た目や形にこだわり、食材そのものの風味や噛みごたえを大切にした食事スタイルを取り入れているところが多くなってきました。

学会分類2013のコードを指標として熱心な管理栄養士は日夜、食事形態の改善に頑張っておられることでしょう。 しかし、現場の認知度はまだ低いようで…

せっかく作ったソフト食のハンバーグを「つかえたら心配だから」 と皿の上で細かく箸で刻んで、ついでに付け合わせの野菜や果物を一緒にゴチャ混ぜにして

「はい、あ~ん」

とか言って食べさせている介護職員も見受けられます。

主食、副食、果物の区別は必要です。

粉薬を「ふりかけ」と言わんばかりに、堂々とご飯にかけて
食べさせるのも止めてほしいものです。

ただ、新人の時に衝撃的だったこんな光景も慣れてくると、当たり前のようになってしまうのが非常に辛いところです。

 

 

 

食事介助

 

 

 

管理栄養士

 

 

 

 

違うバージョンです!

管理栄養士

管理栄養士

 

 

 

 

ミキサーとスムージー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

広大寺源太の見逃し4コマまんが

コメントを残す