【ウトウトと 眠ってしまうトイレ内】に頂いた皆様のコメント

老人ホーム

ウトウトと 眠ってしまうトイレ内

トラウマになった一件

介護老人保健施設では定期的に施設長(医師)の診察がありました。回診という形で療養室を廻るので入所者の皆さんは自分の部屋で待機し診察を待ちます。

ある時、医師と看護師が診察の為、療養室に行くと、その本人は不在。トイレに行かれてたのです。そこで私は気を利かして

「こちらにいらっしゃいます」

と医師をトイレまで案内したのですが…

「なんで私をこんなところに連れてくるわけ」

と医師(女医)は私に激怒しましたm(__)m

怒られないように…

それからというもの…

回診時はどんなことがあっても入所者は各部屋で待機しなければならない…というムードにつつまれるようになりました。

結局「回診準備当番」などという新しい仕組みが生まれ、医師のご機嫌取りに貴重な人員をとられるようになってしまいました。

施設にはこんな経緯で作成された規則やマニュアルが多くあり、時に自分自身を苦しめているのです。

皆様から頂いたコメント

優越意識・特権意識

お身体、精神にご自愛下さいま…

大多数のドクターは、そんな優越意識、特権意識など持っていないと信じたいですね。

いや、わかりますよ。
ナースでさえ、そういうところがあるかたもいらっしゃいますから。介護職員に対して。

底辺労働で低賃金では、みんな腰が据わらず1円でもお給料が高いところへと、すぐに移っちゃうのも頷けます。
そんな実情をしっていながらのドクターの不遜な態度には、いつしか本人に天誅が下ることでしょう。

天網恢恢、疎にして漏らさずです。お天道様は見ています。

「天網恢恢疎にして漏らさず」
(悪いことをすれば必ず報いがあるという意味)

すみません…早速調べましたヽ(;´ω`)ノ

私自身にも十分にあてはまるので気をつけたいです。

時間が経つにつれて、トイレに案内した私自身にも非があるのでは…と少しだけ思うようになりました。就職したての頃で、そういうこと、全く分からなかったのですね。

私も少し反省です!

ちなみに私の描くマンガには女性のお医者さんが登場します。実際に関わった女医の方々のイメージを合体させて描きました。

ご機嫌取りマニュアル

なんだかね…

あり††ますよね。ほんとに、何で貴重な人員を、自分たちの首絞めてまでマニュアル化してるんだろ、と思いますが、一度出来たご機嫌取りのための流れって、おかしいと思ってても変え辛い。

「日本はご機嫌取りマニュアル、止めよう」(Godiva風に)

ありがとうがざいます。

実をいいますと「Godiva」が何のことか分かりませんでした。調べて、今、分かりました。

そういえばラジオでそんなことを耳にしておりました
(´0ノ`*)

※このコメントは2018年02月15日に頂いたのですが、今、読み返すと「Godiva」との関連が思い出せません(+o+)

睡魔との闘い

夜勤




夜勤明け






家に帰りたい







 

コメントを残す