宵のうちから夜勤者覗く

葦の髄から天井を覗く

★宵のうちから夜勤者覗く★

【読み】 よいのうちからやきんしゃのぞく

【意味】 「今日の夜勤者は誰だ?」気になるので申し送りの光景を、ご利用者が ステーションの外から眺めているという意味。

【読み】 よしのずいからてんじょうをのぞく

☆葦の髄から天井を覗く☆

【意味】 自分の狭い見識だけで、大きな問題を論じたり、かってに判断したりすること。(細い茎の穴をのぞき込んで天井の一部しか見てないのに、それで天井全体を 見たと思い込むこと)