帰るの妻に言えず

蛙の面に水

★帰るの妻に言えず★

【読み】 かえるのつまにいえず

【意味】 短期入所を終えて自宅までお送りしたが、事前に帰宅時間を連絡することが出来なかったため、妻は不在で留守だったという意味。

☆蛙の面に水☆

【読み】 かえるのつらにみず

【意味】 どんな目にあわされても,どんな仕打ちをされても、全然気にしないで、平気でいられるということ。
(蛙に水をかけても全く平気なところから)蛙の面に小便ともいう。

こんにちはo(^▽^)o
一つ一つのカルタ、すごくリアル。。
なんか、施設に勤めだして、照らし合わせたら、すごく伝わりました(=^ェ^=)     
(前は病院勤め)

わかるわぁって。でも施設に勤めてまだ1ヶ月たってないですが(笑)

病院勤務から施設に移られての感想、いっぱい教えて下さい。
新鮮です。勉強させて頂きます≧(´▽`)≦

そんなことも…あるんですね。
以前デイサービスに2年勤めていましたが、いろんなお宅があったのは勉強になりましたね。
また、たくさんのエピソード楽しみにしています。

デイは家に行くので、インテークの記録じゃ分からないとこを感じ取れますから“優位”だと思います!
(何に対して優位なのか…自分でも分かりませんが…(゚_゚i))

留守っ!
それは切ないですね…(w_-;
奥様は本入所を目論んでいるのでは?(笑)

当初…長期や短期の区別がつかないで「あの人はずっと入所してズルい」みたいなケースは実際にございましたね。

お気持ちは十分理解できます゚(T^T)゚。

かわいいけど…
いざという時、咄嗟に拭ける!