ついにスッポン

月と鼈

★ついにスッポン★ 【読み】 ついにすっぽん 【意味】排水口が詰まったのでブラシで突いたりしたが全く流れないため、とうとうラバーカップが必要になったということ。 ☆月と鼈☆ 【読み】 つきとすっぽん 【意味】 二つのもの …

ついにスッポン もっと読む »

寝込み拒む(猫に小判)

猫に小判

★寝込み拒む★ 【読み】 ねこみこばむ 【意味】 急遽、出勤要請があったが風邪で寝込んでいて断ったという意味。 ☆猫に小判☆ 【読み】 ねこにこばん 【意味】 価値の分からない人が高価な品物を持っていても何も役立たないと …

寝込み拒む(猫に小判) もっと読む »

無芸退職(無芸大食)

無芸大食

★無芸退職★ 【読み】 むげいたいしょく 【意味】 施設の行事・催し物では秀でた芸を持ち合わせている職員が重宝される。 その為、特技のない職員は「こんな仕事は無理だ」「辞めたい」等と自己嫌悪に 陥ってしまうということ。 …

無芸退職(無芸大食) もっと読む »

いいのっ、中の買わず(井の中の蛙 大海を知らず)

井の中の蛙(大海を知らず

★いいのっ、中の買わず★ 【読み】 いいのっ、なかのかわず 【意味】 最近の家具調ポータブルトイレはインテリアとしても引けをとらないと いうこと。 ☆井の中の蛙(大海を知らず)☆ 【読み】 いのなかのかわず 【意味】 実 …

いいのっ、中の買わず(井の中の蛙 大海を知らず) もっと読む »

送迎車は奇麗に

明日の大晦日から冬型が強まるとのこと… 私の住む長岡地域では「冬場」自動車を奇麗にしておくことはとても難しいのです。 吹雪の中を走った後の車です。タイヤハウスの中の雪もカチカチに凍っています。 路面に雪が積もらないように …

送迎車は奇麗に もっと読む »

乗り込み過ぎれば相手忘れる(喉元過ぎれば熱さを忘れる)

乗り込み過ぎれば相手忘れる(喉元過ぎれば熱さを忘れる)

★乗り込み過ぎれば相手忘れる★ 【読み】 のりこみすぎればあいてわすれる 【意味】 デイの送迎車両が満席なので出発したが、添乗相手の職員を乗せるのを忘れてしまったという意味。 デイサービスの配車は難しいということ。 ☆喉 …

乗り込み過ぎれば相手忘れる(喉元過ぎれば熱さを忘れる) もっと読む »

主に感冒【鬼に金棒】

★主に感冒★ 【読み】 おもにかんぼう 【意味】 介護職員が訴える体調不良で一般的なものは腰痛などの身体の痛みであるが、寒く乾燥した季節は風邪症状の訴えが多くなるという意味。 ☆鬼に金棒☆ 【読み】 おににかなぼう 【意 …

主に感冒【鬼に金棒】 もっと読む »