改修の現実

介護保険での住宅改修

排水管の他にも、なんか色々な器具がついてますよね。

こっち新潟は…なんかよく分かりませんが…凍結防止の機械がむき出しで付いていることがあります。

これは実際に体験してないと気が付かないですよね。

はい、せっかくスペースを作っても、そこに掃除のバケツなんかを置いてしまったりしてしまいます。

うちの施設も全然ダメです。新しく出来たばかりなのに…
知らないのです、設計した人は。

そういうことを繰り返して改良していくのかもしれませんが、いい加減に覚えて欲しいですよね。

広大寺さんの漫画でもありませんでしたかね?
洗面台に膝が当たる4コマ漫画?

あっ、ありがとうございます。
介護歌留多の
「るんるんの 新設なのに 不備ばかり」ですね。

あっ、それそれ!

どうぞ、クリックしてご覧くださいませ!↓
「るんるんの 新設なのに 不備ばかり」

こういうのいっぱいあります。

改修に限らず、施設設備の不具合は色々みられます。
最近、思うのは浴室の床「水勾配」です。かなり気を付けているのですが、バリアフリー重視の観点からか段差がありません。かけ流しのお湯が思いっきり、浴室から脱衣場に流れてしまうのです( ;∀;)

あるある、まさにそれです!

あと、水漏れなんかもありましたよ。
出来たばかりの施設なのですが…

あーっ、それ!私も経験いたしました。

新設なのに、夜中に配管から水が漏れて、ジャンジャンと天井から噴き出したのですよ
(; ・`д・´)

天井からって、スゴイですね…

それで、担当の業者を呼んで、すぐに駆けつけて対応してもらいましたよ。

でも、ちょうどその時は業者の方、飲み会だったらしくて、酔っ払ったコンパニオンらしき女性と二人で来られ…

その女性は吹き出す水を見て笑顔でキャーキャー騒いでました( ;∀;)

…わっ

はい、この仕事…
いろいろな経験をさせて頂きますね((+_+))