抜く人の昼寝

 

★抜く人の昼寝★

【読み】 ぬくひとのひるね

【意味】もう少しで点滴が終わりそうなので、その場で待っていたら寝てしまったということ。

☆盗人の昼寝☆

【読み】 ぬすびとのひるね

【意味】 「夜、盗みの仕事に備えて盗人は昼間に寝ている…」という例えで、なんの理由もないように見える行為も、それなりの目的や思惑があるということ。

 

※意味の解釈はコピペではなく、広大寺独自の解釈した文章です。