特養タイムトラベル2(忠臣蔵編)

【赤穂浪士討ち入り
元禄14年(1701)、 赤穂藩主の浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)は江戸城の城内で吉良上野介(きらこうずけのすけ)を切りつけました。そのため浅野内匠頭は切腹、浅野家は断絶となりました。翌、元禄15年12月14日、浅野家臣の大石内蔵助ら47人が吉良邸に入り、吉良上野介を討ち取りました。