論より昇降

講義で車椅子の階段昇降の方法について説明をうけるが、やはり実物の車椅子や階段が無いと分かりにくい。講義で論ずるより、実際の階段で車椅子に人を乗せて訓練を行い、多くの危険を察知し、コツをつかむ方が技術の向上につながるという意味。

★論より昇降★

【読み】ろんよりしょうこう

【意味】 講義で車椅子の階段昇降の方法について説明をうけるが、やはり実物の車椅子や階段が無いと分かりにくい。講義で論ずるより、実際の階段で車椅子に人を乗せて訓練を行い、多くの危険を察知し、コツをつかむ方が技術の向上につながるという意味。

☆論より証拠☆

【読み】 ろんよりしょうこ

【意味】ああでもないこうでもないと悩んだり 、口先だけで議論するよりも、キチンとした証拠を出せば、スッキリおさまるということ。 また、実状を知らずに理想だけ語っていても無意味だということ。

(意味は辞書からの転記ではなく、独自の解釈で更新いたします)