はりきって 歯止めきかない ハイテンション

夜勤明けの介護職員のマンガ

夜勤で仮眠明けの相方に

「おっはよう」

と大声ハイテンションで挨拶したり、

「笑顔、忘れずにね」

と体調不良の同僚を励ましたりする職員が周りにいないでしょうか。

「場を読めない」というよりも場を読もうとする努力は人一倍しているのですが、それを踏まえてのバリエーションが単純に「元気の良い挨拶」だけというような…

自分がムードメーカーだと思いこんでいるから、周りの職員はたまったものではありません。

こういう輩が介護主任ともなると厳しいシフトの勤務表を自分で作っておきながら

「風呂介助、ガンバッ」

って言い残し、午後から勝手に有休取って帰ったりするから困ってしまいます。

 

ハイテンションと介護

 

 

 

ハイテンションな介護職員

 

目に涙 新人研修 感動ビデオ

介護マンガと講師陣

二泊三日のオムツはずし研修会… 苦労しながらもオムツ着用ゼロに取り組んでいる施設の実践話を聞き

「よし、自分の施設でも頑張ろう」

と熱くなって施設にもどります。

でも、 そこには思いっきり定時のおむつ交換を早く終わらせようと必死になっている職員がいるのです。

施設の現実を目の当たりにして熱き思いはすっかりクールダウン。

自立支援・ADLの改善・・研修では、あんなに感化されたのに…

あの「やる気」はなんだったんだろう…

研修で出されたお昼の弁当が良かったからか…

あの研修の意気込みは何処にいったのか…

弱い研修後のフォローアップ…

これは紙切れ一枚の復命書だけで終わらせる施設側の責任であるかもしれません…

 

話の上手い講師

 

講師の二次会