下手の長カンファ

下手の長談義

★下手の長カンファ★
【読み】へたのながかんふぁ
【意味】 司会進行が上手くいかずカンファレンスが長引いてしまったということ。

☆下手の長談義☆
【読み】 へたのながだんぎ
【意味】 話すことの下手な人は、まとまりのない長い話をだらだらとしてしまうということ。また、相手が興味を示さないのに、かまわず話を続け、相手をうんざりさせるということ。