産休を 明けて おむつが大きいな

おむつ

赤ちゃんのオムツサイズは小さい・・
というよりも大人用の紙オムツはそれと比べるとあまりにも大きいので、初めて見る人は驚いてしまいます。

とかく施設での排泄ケアは携わる職員の考えで大きく左右されます。

「尿漏れ防止のためにオムツを何枚も重ねてあてる」

「夜間のおむつ交換、夜勤者は頑張って一時間おきに換える」

などの取り組みを研究発表して物議をかもす場面もみられます。

尿取りパットや履くタイプのオムツが出て排泄のバリエーションの幅が大きく広がりました。

そして、今では自立の為、オムツを使わないようにしようとオムツ外しが叫ばれています。

「オムツは拘束」

とまで言われる方もおられますが、現場の意識は低く

「夜間帯はパット三枚で対応しましょう」

なんていう小手先の対応が堂々まかり通っています。

施設において「脱オムツ」を掲げる姿勢を私は支持します。
脱オムツに取り組むことで、排泄だけではなく利用者の生活全般に目を向け、それに伴っての言葉かけやマナー、介助技術も鍛錬されていくと考えているからです。

自立支援を掲げる事は現場職員のモチベーションを維持するためにも大きな意味があると思います。

ただ、吸収力の良い製品も出てきたので、夜間はゆっくり眠っていただくために、これを利用するという考えも否定できません。

追伸
「オムツ外れて自立したら介護度が下がって報酬が減ってしまうじゃないか」とオムツ外しに反対した法人局長とその取り巻き陣が懐かしい…

 

 

おむつの種類

 

 

 

 

 

リハビリオムツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広大寺源太の見逃し4コマまんが