すれ違う介護職員

ベッドに利用者を乗せたままの居室変更

新設の病院では備え付けのベッドがストレッチャー代わりですが、昔からの施設はキャスターのない固定のベッドも見受けられます。老健施設では療養室の移動が多かったですが、倫理的な面を考慮し、このマンガのような利用者を乗せての移動は厳禁でした。

交通事故ゼロスローガン

“譲り合う
心一つで
事故はゼロ”

介護スタッフ啓発スローガン

“いがみ合う
心通わず
接点はゼロ”

あかんやん!

!(´Д`;)

あ、なんだ

あたしみたいにお肉がぶつかり合って、すれ違えないのかと思った(笑)

車とかもそうですけど、どうして、ちょっと避けるが、そんなにも出来ないのでしょうか?

ちなみにうちのじじばばが、何故そこに?な所で立ち塞ごってる時は、私と次男は裏に回ります。すれ違いを待つより早いので(爆)

じじばば、そうですか!

こっちは雪が降ると道幅が狭くてすれ違いに一苦労ですが、今年は全く心配いりません。

私はそれで何回か左フロントタイヤを側溝に落としました(/TДT)/

施設のマイクロバスも落としました(;゜∇゜)

雪で側溝が隠れて見えないのですよ

それに比べれば、じじばばなんて…(°∀°)b

かわいいけど…
いざという時、咄嗟に拭ける!