人気の分科会

介護マンガで介護職員を応援させていただきます。



こんな第五分科会があったら、ぜひ参加したいですね…

しかし、『コムスソ』が微妙過ぎる………

昔…、ジャ●ンケアに名前が変わった、あそこを思わせますね…(爆)

何のことか全くわかりません…

実在する施設とは全く関係ございませんので、お間違えになりませんようにо(ж>▽<)y ☆

ただ、不正請求とか悪いことする輩がいるから、介護報酬とか実地指導とか厳しくなる…って考えると腹が立ちます。

お疲れ様です。いいですねぇ。参加したい。笑。
この企画だすの…
ええかぁ~、ええでぇ~、ほんまにええのんかぁ~
ってやりとりが、関西弁でされそうなイメージが膨らみました。
妄想族より。

おおっ、そのラジオ、聴いてましたよ!

きっと、同世代ですね! ありがとうございます。

私も第5分科会に参加したい!

私はこういった全国の研究発表で、高齢者とのコミュニケーション手段として「下ネタ」が有効であるとという研究をやってみたらどうかと提案いたしましたが、誰も相手にしてくれませんでした(ノ_-。)

やっぱり、下ネタは立派なコミュニケーションツールですよね…

半袖のラグラン袖状態で登り竜が入っていた利用者さんが、初回利用の時に転倒の傷で血だらけだったので、シャワー浴をした時に、洗体をしていた私の視線を登り竜からそらすように変な気を遣って、がんの治療の影響で珍毛が生えてこない話をずっとして、視線を珍棒に向けようとしていたことがあったり…(〃▽〃)ポッ


最初に勤務したデイでは『アサヒ芸能』が利用者さんに人気があって、取り合いでしたし、袋とじがある雑誌を男性利用者さんが嬉しそうな顔をしながら回し読みをしていましたし…(;’∀’)

ははは… そうでございますか。

やはり、この領域は誰もが分かり合えているのでむしろ大っぴらにしてはいけないのでしょうかね。

「アサヒ芸能」はその領域ですね。

私が最初勤務していたところは「週刊現代」でしたよ。(^O^)

あくまでも…

名前はフィクションですよね( ´艸`)

ご安心くださいませ!
フィクションでございます!

懐かしい…でしょ(^o^;)

お疲れ様ですm(__)m

本当にこんな分会が有ったら、本音をぶちまけます~♪

ユニットケアの『ケ』の字も理解してない『未経験、無資格の派遣』に業務を引っ掻き回されてますから‼

ありがとうございます!

お疲れ様です。
ユニットケア、私も「苦い」ですよ。

私の場合は、私自身も生半可な気持ちで取り組んでいたのかもしれませんが…

これからも、是非、私にだけは「本音で!」お願いいたします(^^)/