ドタバタの施設行事

皆様から頂いたコメント

どこでも似たようなことがあるんだなぁ…

なんだか、思い出してしまいました…

いつぞやの稟議書に書いてあった行事の内容を、社長がデイの処遇会議で質問したら、

その稟議書を書いた職員に、「それ、稟議書に書きましたけど」と言われて、

社長がロクに読まずに決裁したというのがバレバレ…
ということがあり…

どこでも似たようなことがあるんだなぁ…

そうですね、上司に限って見てなくて、本番直前になって、「あーだこーだ」って言ってくるイメージがあります。

書類がいっぱいあるからですね!

お伺いは、それを見越して念入りにしておかなければなりませんね!

コメントありがたいです!

いつも楽しいマンガ、ありがとうございます。

すごいね。 絵が描ける人尊敬します。

行事は、バタバタになりますよね。
進行と事故防止などね。

皆様のコメントにヒントをいただき、介護のマンガを考えると楽しいです。

幅が広がります。本当にコメントはありがたいですね。

お世話になります
o(〃^▽^〃)o

まさか、うちにお勤めじゃ…?

リアル!!(笑)

ほんとリアル!!(笑)

ありがとうございます。

どこの施設も同じようで嬉しいです(^O^)/

じゃあ、回覧物がどこかの部署で溜まったり、原本が紛失したりということもあるのでしょうか…


大雑把な起案書と細かすぎる起案書もあります…

そもそも起案書が最初から無いと時もあります(;’∀’)

まさか、うちにお勤めじゃ・・・?
ってくらい、皆もそうなんですね(^▽^;)

研修参加の出欠表が2日前に、ようやく届いたり、行事の起案書も1週間前に回ってきたり(-。-;)

そして、行事当日に司会が休んだり、そもそも起案者が希望休で休んでたり・・・

笑うしかないー・・・

てわけで、こういう漫画が有難い(笑)

面白い、やられたヾ(≧▽≦)ノ

「起案者が希望休で休む」 これ、面白いのでネタでもらいます(^O^)/

こういうの、私自身が気づきたかった!

全然違う業種ですが…

私の勤務先は全然違う業種ですが、ありましたよ。 でも、人事異動があった4月以降、不思議と起案書や回覧物の捜索がないです。
まあ、私も過去に自席の机で他の書類と混在させてやらかしたことがあります。 いけませんね。

やはり、共通なのですね!
4月以降は「OK」というところに、人事異動の効能を感じます。
「あの人が変わったら良くなった」みたいなことを囁かれているのではないでしょうか…

でも、「どこも一緒」というのがとても嬉しいです!

余裕があると止まり、直前だと遅いと言われる

日程に余裕を考えて早めに回覧回すとどこかで止まる。

ぎりぎりで回すと「遅い」と上が言う。
よく読んでないのか後から「これはちょっと…」と言う。

現場は予定があるから起案書、出して回してるのに。

人によっては早く出し過ぎる職員もおられますね。

やはり、起案書は
①どこかの部署で止まる
②管理者はよく見ないで決済印を押して、直前になって「いろいろ文句言う」

ですね!

その通りなんです。ちゃんと目を通してから印鑑押して欲しい。会議が終わってから文句言うやめてほしい。

はい、でも私は言えません…ですからマンガを描いております( ;∀;)