作品展への出品


「頑張ろう介護職!」
ご覧頂きありがとうございます。

介護の漫画

「作品展への出品」に頂いた皆様のコメント

小学生の自由研究みたい

小学生の自由研究みたい。体裁つくろって親が手を出したがるみたいな(笑)

つい、それ、やってしまうのですよ!
ご利用者、そっちのけ…

反省です(_ _。)

からくりが判明

なんか、わかるような…

作品展に出す…ということはなかったものの、毎月の製作の作品をデイルームの掲示板や手すりだのを駆使して飾っていたけど…
自力で作成できた利用者さんは眺めるものの、ほぼ職員作の利用者さんが眺めることはほぼないですね…

しかも、最初に勤務したデイが利用者さんの残存能力差がありすぎて、同じ日の同じ時間に製作している利用者もいれば、チラシのごみ箱折りやウエス折り等の作業を喜んでしている利用者もおられ…静養(午睡)している利用者さんもいらっしゃって、ある意味、消極的選択制状態になっていました。そのため、全利用者が同じ課題の作品を製作して展示してある2ヶ所目のデイを初めて見たとき、スゲェ!と思ったのと同時に、気持ち悪いとすら感じました…(勤務してから、ほぼ職員作の作品があるという、からくりが判明したんですけどね…)

やはり、似たような…

先日、市内の福祉施設を中心とした展覧会を見に行きました。各施設、それぞれ工夫がみられますが、やはり職員の意気込みがあるところは見ごたえがありました… などと私も穿った見方でみてしまいます(´・ω・`)

見栄えの良いものは、職員作オーラを感じてしまいます…そんなことは無いと思いますが…

あるある

あるある。
ほとんど職員の作品展ですよね。
そうしなきゃ「作品」にならないですものね。

そうですね!
…という私も…利用者そっちのけで創作する傾向にあるようでして…

なんか反省です!