衣紋掛け

衣紋掛け(えもんかけ)は衣服の袖に短い棒を通し、その棒を紐でつるして干す道具。

「衣紋掛け」に頂いた皆様のコメント

手すりや平行棒に…

さすがに、廊下のてすりには干しませんでしたが…

そういえば、てすりに掛けてましたねぇ…

2ヶ所目の施設では、冬場は空気が乾燥するので塗れたバスタオルを…

端処理をしていないデイサービスのてすりには、端っこにほうきとちり取りと靴べらを一年中掛けていて…

最初に勤務したデイサービスには、歩行訓練用の平行棒に雨で洗濯物が乾かないと、施設備品のバスタオルやバスマットを干していたし…
←さすがに、雨天時の利用者さんの洗濯物はエアコンを30度設定の暖房にした脱衣室に干していた

何気に便利なんですよね…

ホント(≧◇≦)

何気に…って、かなり重宝してますね!