ブチて黒いぞ膝用心(武士は食わねど高楊枝)

武士は食わねど高楊枝

★ブチて黒いぞ膝用心★

【読み】 ぶちてくろいぞひざようじん

【意味】 移乗介助時、自分の膝を車椅子のフレームのぶつけてしまったということ。
また、気が付くと、身体のあちこちがブチていて、知らず知らずにどこかぶつけているんだな…ということ。

☆武士は食わねど高楊枝☆

【読み】 ぶしはくわねどたかようじ

【意味】 貧しい環境でも、その貧しさを表に出さずに、自分の品位に誇りを持って生活するべきだということ。「やせ我慢」をするという意味もある。

たしかに…

ド素人だった総務の頃、GHの通院介助で車椅子移動の入居者さんと3時間近く一緒に居て、外来と階が違うある意味ワイルドな車椅子対応とうたうトイレに2往復、検査室に2往復、診察室は2ヶ所を出入りすること3~4回、採血で処置室、しまいには病院の隣にある調剤薬局まで行っていたら…

翌日にあちこちアザだらけになっていて…
(あまりにも夢中で通院介助をしていたので、あちこちぶつけていたのに気づいていない)

話の流れで、
「今朝、気づいたら、なんか知らないけど、手や脚がアザだらけなんですよ………」
なんて、社長(前日、私が通院介助に行ったのを知っているし、受診報告書も読んでいる)と話していたら、

「それは車椅子でできたアザだねぇ………」
と元特養の副施設長だった社長が教えてくれて、アザの原因が判明したことがあったことを思い出しました………

それは大変でしたね!

職員も気を付けなければいけませんが、利用者の四肢も危険にさらされていますね。

入浴の時に衣類を脱いでもらったらアザができていたなんてことがあるから気をつけたいですね。

膝の周り‥‥
青アザ、打ち身、切り傷‥‥ブチになってる‥‥
でも、いつの間についた傷か思い出せない‥‥
これは、「とびヒザ蹴り」をかました時のものか?
こちらは、カナディアンバックブリーカーからボディスラム、ニードロップへ至る連続技を炸裂させたときのものか?
あるいは、ニークラッシャー‥‥‥‥か?
満身創痍‼︎

それはきっとクリスマスのナカトミビルに人質となっていた妻のホーリーを助けに行った時に出来た傷ではないでしょうか。
(ダイ・ハード を見ながら)

気付いたら青あざっぽくなってるんですよね(^^;)
仙台にいた頃は「黒血よる」って言ってたけど、全国共通ですかね?
車椅子を車の後ろに積み込むとき、よくどこかしら、ぶつけます!

折りたたんだ車椅子、ブレーキかけてないと車輪が回って手を挟んだりしますよね。

前輪もクルクル回って、なんかこわいですよね。お互い気をつけましょうね!

(‐^▽^‐)

かわいいけど…
いざという時、咄嗟に拭ける!