喉元過ぎれば熱さを忘れる

喉元過ぎれば熱さを忘れる

【読み】 のりこみすぎればあいてわすれる
【意味】 送迎車両が満員の為、添乗職員を乗せるのを忘れて出発した。デイサービスの配車は難しいということ。

コメントを残す