下手の

下手の長談義

【読み】へたのながかんふぁ
【意味】 司会進行が上手くいかずカンファレンスが長引いてしまったということ。

コメントを残す