高徳院にて

鎌倉に旅行する介護職員

皆様から頂いたコメント

修学旅行がそうでした

そういえば…

小学校の時の修学旅行が、鎌倉と箱根でした…

あっ、帰りに小田原城にも行ったんだった…

もちろん、1日目に鎌倉の大仏を見て、2日目に箱根の旅館から芦ノ湖の海賊船とロープウェイに乗って大涌谷へ行きました!

大涌谷のあの臭いの中で黒卵を食べているオッサンが居て、こんなところで良く食えるよなぁ………と思いました
←小学校の修学旅行だったので、仮に食べたかったとしてもしても黒卵は買えなかった

私も箱根・鎌倉方面に出かけました(*´▽`*)

大涌谷のあの臭いの中で黒卵を食べているオッサン → 私…二つ食べました( 一一)

大涌谷

※箱根山の噴火警戒レベル2への引き上げにともない 現在(2019.7.12)立入規制となっています(写真は昨年7月)

大涌谷にあるやぐらを撮影したのですが、遠くてわかりませんね…人がいたので驚きました。この「やぐら」硫黄の噴気に湧き水を通す仕組みで温泉を作っているとのことです。そのメンテナンス作業をされていたのですね。

やはりタマゴは…

あれ?箱根ですね。
長命の黒玉子食べられましたか?

私は、5個組でしか販売しないとのことで、とても食べきれないので諦めました(ToT)
凄い眺めですよね。煙が出ていて。

そうです、箱根に行ってきました。

仲間で分けて私は2個食べましたよ。一個、残った黒タマゴをカバンに入れておいて忘れてしまい…先日、発見した時には黒ではなく薄黄色になってました( ;∀;)

久しぶりのゆで卵で美味しかったですが「Мサイズ」でしたね(゚Д゚)ノ

鎌倉の大仏様

「露坐の大仏」として有名な高徳院の本尊です。(高さ約11.3m、重さ約121t)奈良東大寺の大仏と比べると大きさは及びませんが、建てられた当時の形を保ち続けている国宝銅造阿弥陀如来坐像です。

作り始めたのが1252( 建長四) 年と伝えられていますが、まだまだ不明な点が多く、作者も特定されていません。当初は堂内に収められていたようですが、大風や大地震によって建物は壊れてしまい、露坐となりました。
露坐)屋根のない所に座ること。野天に座ること。

高徳院近くの食事処、2階から見える大仏さま

私たちが「鎌倉大仏」と呼んでいるのは、「高徳院」というお寺の本尊のことです。ただ、このマンガに描いた大仏さま…本当は首のしわ(三道)が3本なのですが2本しかありません…描いた後で知りました( ;∀;)